半分青いの動画 PANDORAは危険?再放送を1話から無料視聴するには?

ドラマ 半分青いの画像 動画

2018年4月2日から放送が開始したNHK連続テレビ小説「半分青い」は、女優の永野芽郁がヒロイン楡野鈴愛(にれの すずめ)を演じました。

 

そんな「半分青い」なのですが、もう1度見たいと思っても、すでに放送が終了しています。

 

他に見る方法として、YouTubeやPANDORAといった動画共有サイトを利用する手もありますが、現在のところ「半分青い」の動画はアップされていません。

 

ただ、唯一、「半分青い」の再放送を配信しているのが、放送元の「NHKオンデマンド」です。

 

しかし、この「NHKオンデマンド」も、有料サービスなので、利用するにはちょっと気が引けるかと思います。

 

そこで今回は、有料サービスの「NHKオンデマンド」を実質無料にする方法があるので、解説していきたいと思います。

 

なお、これから解説する方法を使えば、「半分青い」はもちろんのこと、現在放送中の「スカーレット」や「麒麟がくる」などの見逃しも、無料視聴できるのでお得ですよ。

>>NHKオンデマンドの動画を実質無料で見る

半分青いの動画をPANDORAで見るのは危険?

ドラマ「半分青い」は、岐阜県で生まれ育ち、子供のころに病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの すずめ)が、漫画家を目指して上京し、デビューを果たすも挫折。

 

その後、結婚して出産するものの、離婚と挑戦と挫折を繰り返しながら、高度成長期の終わりから現代までを駆け抜けるという物語です。

 

そんな「半分青い」をもう1度、1話から視聴したい場合、まず最初に動画共有サイト「PANDORA」や「Dailymotion」、「9TSU」などで探す人が多いと思います。

 

たしかに上記のサイトには、様々な動画がアップされていて、「半分青い」もアップされていれば視聴することができます。

 

しかし、いざ見みようと思っても、消されていたり、短い動画しかなかったりしますよね。

 

これでは、せっかく1話から見たいと思っても、満足に視聴することはできません。

 

しかも、「PANDORA」の運営元は韓国、「Dailymotion」はフランス、「9TSU」はアメリカだったりするので、常に危険がいっぱい潜んでいます。

 

案の定、これまで「PANDORA」などの海外動画サイトを利用した人からは、「不正アクセスされて、ウィルスに感染した」「パソコンが動かない」「スマホのデータが消えた」といった、数々のトラブルが報告されています。

 

自分も試しに「9TSU」で「半分青い」を見ようとしたら、全然関係のない怪しい画面に切り替わりました。

 

それに、上記のサイトは違法性があるので、利用していると、自分らにも処罰が下る可能性があるのも厄介です。

 

なので、「PANDORA」や「Dailymotion」といった動画共有サイトで、「半分青い」の動画を見ることは、おすすめできません。

半分青いの再放送を1話から動画で視聴する方法

ドラマ「半分青い」を1話からもう1度見たかったり、見逃した回があっても、NHKは再放送をしていません。

 

そこで、出番なのが「半分青い」の再放送が視聴できる動画配信サイト「NHKオンデマンド」です。

 

ただ、NHKオンデマンドで「半分青い」の見逃し配信(動画)を視聴するには、まず会員登録し、そのあとに以下の料金を支払わなければなりません。

 

NHKオンデマンドの画像

 

少し分かりずらいかもしれませんが、「半分青い」の配信動画を「NHKオンデマンド」で視聴するには、「まるごと見放題パック」のコース(料金は月額990円 税込)に登録するか、単品をレンタルする必要があります。

 

※「まるごと見放題パック」=「半分青い」や、その他の番組は、何度でも見放題。

※コースに登録しない場合=「半分青い」の単品購入は、1話110円。(税込)

 

しかも、単品の場合、購入後の視聴期限は3日しかありません。

 

結局、1話から購入できる単品のメリットは、見たい放送回だけの料金で良いのと、すぐ見ることができる人向き。

 

デメリットは、見たい分が多ければ割高になるのと、時間のない人には向かないシステムになっています。

 

一方、「まるごと見放題パック」のコースは、見放題といっても、月額990円(税込)の料金が必要。

 

いずれにせよ、NHKオンデマンドで「半分青い」の配信動画を視聴する場合は、有料になるというわけです。

 

しかし、これから解説する方法なら、お得に動画を視聴することができます。

 

その方法を、これから説明していきますね。

NHKオンデマンドを無料視聴する方法

ここからは、「NHKオンデマンド」の配信動画を無料視聴する方法について、説明したいと思います。

 

その方法とは、まず「U-NEXT」にアクセスします。

 

すると「NHKオンデマンド」のページが表示されていると思いますので、「今すぐ観る」から会員登録します。

 

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで、初めて利用の場合、31日間無料トライアルを実施中。

 

しかも、退会したい時は、無料期間中に解約すれば一切料金は発生しないので安心して下さい。

 

※登録に必要な支払い方法は「クレジットカード」「キャリア決済」「ギフトコード/U-NEXTカード(コンビニなどで購入するプリペイドタイプ)」が必要です。

 

そして、会員登録が済めば、初めての登録なら、配信中動画の視聴や、最新コミックなどの購入に使用可能な特典ポイント(1000円分)がもらえます。

 

1000円分のポイントがもらえるのは、「NHKオンデマンド」のページから会員登録した場合です。他のページからの登録は、600円分のポイントしかもらえないので注意して下さい。

もし、他のページに移動してしまったら、「NHKオンデマンド」のページに戻るか、面倒ですが、もう1度この記事に戻ってきて下さい。

この記事の中ならどこから登録しても1000円分のポイントがもらえます。

 

また、「U-NEXT」は、ポイントを使って視聴する作品のほか、ポイントを使わなくても視聴できる「見放題の無料動画」が9万本もあるので飽きることがありません。

 

なおかつ、もらったポイントで「NHKオンデマンド」を視聴することもできるのです。

 

もうお分かりだと思いますが、「NHKオンデマンド」の配信動画は、U-NEXT経由なら、もらったポイントを使って登録すれば、1か月実質無料視聴できるというわけです。

 

あとは、特典でもらえるポイント(1000円分)で「まるごと見放題パック」に登録してもいいですし、単品購入なら見たい作品の視聴に使うだけです。

 

なお、「NHKオンデマンド」の作品は、「GYAO」などの動画配信サービスからでも視聴できるのですが、特典のポイントはもらえません。

 

結果、配信動画の視聴は、特典のポイントがもらない分、有料になるので損というわけですね。

>>31日間無料!U-NEXT

U-NEXTの特徴

ドラマ「半分青い」を見るなら、上記で説明したように「U-NEXT」から「NHKオンデマンド」に登録して見るのがお得です。

 

ですが、実際ところ、登録しようか、どうしようか迷ってしまいますよね。

 

そこでU-NEXTの特徴を、もう少し詳しく説明しておきます。

 

u-nextの画像

U-NEXT は、「動画見放題」「漫画読み放題」の他に、作品のダウンロード機能があります。

 

ダウンロードはスマホ、タブレットでしかできませんが、一度ダウンロードしておけば、電波に関係ないので、地下鉄など電波の届かないところでも見ることができます。

 

ダウンロードした作品は、通勤や通学中のちょっとした空き時間に見ることができるので、すごく便利ですよ。

 

あと、その他に関しての特徴は以下の通りになります。

 

U-NEXT 月額プラン特典

・登録日から31日間無料で600円分のポイントプレゼントあり、無料期間中に退会すると料金は発生しません。

・無料期間中に解約するのを忘れた場合、月額料金は1990円(税抜)で、映画館の割引や、電子書籍の購入に使えるポイント1200円分の継続ポイントプレゼント。

・配信本数140,000本以上、無料見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本

・電子書籍コミック配信本数34万冊以上

・雑誌70誌以上を無料で読み放題

・アニメ、海外ドラマ、韓流ドラマの作品数が豊富

・スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる

・PC、スマホ、タブレット、テレビなど、最大4台で同時視聴が可能

・クレジットカードがなくても、携帯電話のキャリア決済から会員登録できる

 

本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

無料期間中に解約するのを忘れた場合の注意点ですが、U-NEXTの月額料金は1990円(税抜)です。

 

月額1990円(税抜)は、他社のVODサービスと比べて割高に感じますが、1つのアカウントがあれば、家族4人の共有で1人500円程度。

 

しかも、継続した場合、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円とお得です。

 

それでも継続が必要ないという方は、忘れずに解約するようにして下さいね。

↓無料会員登録して1000ポイントもらう↓

タイトルとURLをコピーしました